ホーム > 卒業式・袴

卒業式・袴

レンタル料金

卒業式袴

セット内容
袴・半巾帯
一般価格(税別)
¥5,000〜¥18,000
アスピカ会員価格(税別)
¥4,000〜¥14,400

着物

セット内容
着物・長襦袢  ※バッグは別途レンタル料金
一般価格(税別)
¥15,000〜¥35,000
アスピカ会員価格(税別)
¥12,000〜¥28,000

※ご家族との記念写真も承ります。

卒業式袴の豆知識

由来

今ではすっかり女性の卒業式のスタイルとして定着した袴姿。ですが、もともとは明治時代初頭に女子学生が誕生してから昭和の初期まで、女子学生が毎日の通 学に着用する「制服」として用いられていました。現在では、卒業の日に装う晴れ着へと変化しています。和装の習慣がなくなった現在でも、学業に関する第一 の式典としての卒業式にふさわしい礼装として、伝統として残っているのです。

時期

袴に合わせる着物
袴をはくときの着物は、色無地紋付が普通ですが、最近は振袖を着る人も多いようです。袴を合わせるときの振袖の種類ですが、成人式で着られた小振袖や中振袖のほうが袴との相性はよいです。

袴と合わせるその他の着物
袴と合わせる着物は、振袖でなくても、一つ紋付の色無地・訪問着・付け下げ・小紋などでもOKです。袴をつけると、紋なし無地・小紋でも、格が上がって略礼装として通用します。ただし着物の柄は式典にふさわしい格調のものを選びましょう。

足元は?
袴を着用したときの履物といえば、やはり一般的で上品なのは草履です。また、最近ではブーツも人気です。履物によって、袴の着付け方も変わってきます。草履の場合は、やや長めに袴を着付けますが、ブーツの場合は心持ち短めに袴をつけます。そのため、雨の日や雪の多い地方などでは、裾が汚れにくいブーツのほ うが安心だと言えるかもしれません。もちろん、草履には足袋、ブーツの下にはハイソックスやストッキングの着用を忘れずに!